2022年6月アーカイブ


「空をこえて七星のかなた」読了

「空をこえて七星のかなた」読了。
新聞の書評で見かけて、久しぶりに加納朋子作品を(「いつかの岸辺に...」とあわせて)購入。予備知識なしで読んでいたので、「ん?」「あれあれ?」「この人、さっきどこかで...」と読み進めるうちにばたばたと趣向が明らかになって行って。きれいに転がされて気持ち良い読後感。


Kindle版はこちら。

「いつかの岸辺に跳ねていく」読了。
何ということはない日々の裏で実はそんなことが起こってたなんて、という視点変換の妙。「サイボーグ009」加速装置を使っての戦闘みたいな。


Kindle版はこちら。

「ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70」読了。
社内の研修で言及されているのを見て衝動買い。たいていのフレームワークは「知ってる知ってる」だし、ものによってはわざわざ取り上げる必要あるのか?と首をひねってしまうくらい普遍的なもの。しかし、それらを全部1冊にまとめ、使うべきシーンのガイドを添える(←重要)に意味がある。
そして、ただ眺めているだけでも結構楽しい。


Kindle版はこちら。

「キスギショウジ氏の生活と意見」読了。
量も質も、そして振れ幅も。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link