2020年1月アーカイブ

「健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス)」読了。
今日は会社を休んで区役所へ。窓口で「派遣契約が3月までなんですけど収入が変わった場合の申請は...」みたいな声を聞き流してからだとまたひとしおの重さ。そしてそして、この巻のテーマはアルコール依存症...


Kindle版はこちら。

「健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス)」読了。
年末、3巻まで読んでしばらく休み、続きを読んだらまたのっけから重い話で。区役所職員が主人公なのだがどうしても受給者目線で読んでしまって。いや重いわこれは。


Kindle版はこちら。

「答え合わせは、未来で。(日産未来文庫)」読了。
『永遠と』を副詞として使う用法を、(電子書籍だけど)書籍で初めて確認した。言語感覚も未来的。

「白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫)」読了。
このシリーズ、そもそも場面転換はとても丁寧に周辺を描写してから入ることが多いのだが、それだけに、終盤の乱暴と言ってもいいくらいのカットバックには痺れた。

「白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫)」読了。
作者による根回し・調整のよろしきを得て、という感じでいろいろ整ってきた。

「白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)」読了。
作者が意図しているかどうかは不明だが、市井の人々と高位の人々ではページの黒さ(=漢字の利用頻度や画数)からして違う。

「白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)」読了。
作中では6年もの歳月が経っていた。こちらの世界ではもう少し長い歳月が経っているが、まあよくあることだ。

「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」読了。
日曜の夕方に読み始めて会社の往きかえりで一息に読み切った。書いた作者もすごいが、新聞連載でこれを読んだ読者たちもすごい。この話を一寸刻み五分刻み(<違う)で読むなんて。

「他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論」読了。
相手の事情を理解して対応することは自然にできていても、その(多くの場合かくれている)事情そのものに「橋をかけ」るというアプローチは新鮮に感じた。
ボリュームのある本ではなかったが、思いの外読み通すのに時間がかかった。


Kindle版はこちら。


AWS化とMTバージョンアップ

18年目に突入したこのブログ、開設当時はMovableTypeの2.6xに日本語化パッチ(なつかしい)を当てて使っていたのだが、このたび

  • サーバーの引っ越し(多分4回目)
  • MTのメジャーバージョンアップ(同じく4回目だと思う)なんとバージョン7ですよ。しみじみ。
  • 常時https化
を行った。

17年もやっているといろいろ手練手管を身に着けるもので、たとえば以前に似たよーなことをやった時に苦しんだURLの置換とかもmod_rewriteをちょこちょこっとやって解決。次もMovableTypeを使うかはわからないけれど、しばらくはこれでいこう。

アーカイブ

Books

未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。 未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。 未来放浪ガルディーン(3) 大豪快。 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 逆ソクラテス ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 星系出雲の兵站-遠征- 1 星系出雲の兵站-遠征- 2 星系出雲の兵站-遠征- 3 星系出雲の兵站-遠征- 4 星系出雲の兵站-遠征- 5 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 三体Ⅱ 黒暗森林(下) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 女総督コーデリア ヴォルコシガン・シリーズ (創元SF文庫) 無責任キッズ WHY?の嵐 無責任キッズ 燃えてキサラ 無責任キッズ 時先案内人 無責任キッズ 銀河嫁取物語 無責任カルテット 君の名はマチコ 無責任カルテット 天使・失格 無責任カルテット 邪教殱滅 無責任カルテット 決戦!薔薇色星雲 無責任カルテット 銀河賛唱 無責任三国志 謀略トライアングル 無責任三国志 冷たい三角関数 無責任三国志 炎のトリコロール 無責任三国志 奇跡のトリニティー 無責任三国志 三匹快進撃 無責任三国志 三羽烏登場! 無責任三国志 三つの王冠(クラウン) 無責任三国志 試練の三番勝負! 無責任三国志 サード・ビッグバン 無責任三国志 輝け!トライスター

Link