2010年4月アーカイブ

「蒸気駆動の少年 (奇想コレクション)」読了。
奇想コレクションの名に恥じないぶっ飛び具合。


「獣の奏者 I 闘蛇編」読了

「獣の奏者 I 闘蛇編」読了。
息子が同じ作者の「守り人シリーズ」を気に入ったのでその流れで読ませてみている。私自身は両シリーズとも未読だったのだが、なかなか面白い。NHKでアニメ化もされているようなので、今後の面白さについてもある程度の期待をしてもよさそう。
息子の読む本に対してはこれまで一方的に「これ面白かったから読んでごらん」と薦める一方だったが、いつの間にか自分の読む本は自分で選ぶようになり、私の知らない面白そうな本を見つけてくるようになってきた。
この調子なら、「なんか面白い本ない?」と息子を頼ることもできるようになるかな。

「天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
2巻を読み終えると1巻を読み直したくなる。意外なものが「つながって」いて楽しい。
それにしても、贅沢に登場人物を使う作品だ。

「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ (奇想コレクション)」読了。
心ならずも2年越しの積ん読となってしまったが、やっと読み終えた。表題作が秀逸。

「虚構機関―年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)」読了。 大ベテランから新鋭まで幅広く取り上げたSFアンソロジー。既読の作品も意外に多かったが、気にするものか。

「虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
夭逝したSF作家、伊藤計劃の出世作。
言葉の取り扱われ方としては川又千秋「幻詩狩り」を思わせるものがあったが、こちらのほうが具体的な姿を表現しない分だけ凄みがある。2008年発表の国内第1位獲得作品。
作者はがんのため2009年3月、34歳の若さで亡くなっている。詳細な著作リストも文庫本の1ページに収まってしまうのが哀しい。

アーカイブ

Books

未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。 未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。 未来放浪ガルディーン(3) 大豪快。 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 星系出雲の兵站-遠征- 1 星系出雲の兵站-遠征- 2 星系出雲の兵站-遠征- 3 星系出雲の兵站-遠征- 4 アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA) 星系出雲の兵站-遠征- 5 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 三体Ⅱ 黒暗森林(下) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) アフターデジタル2 UXと自由 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任艦長タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 明治一代無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ ワングの逆襲 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 銀河無責任時代 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任元帥タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ アザリン16歳 宇宙一の無責任男シリーズ タイラー大逆転 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 大宇宙(おおぞら)のサムライ 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任大統領タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 風速四十光年 宇宙一の無責任男シリーズ 永遠なれ無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 緋き獅子 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 厳冬惑星ホロシリの叛乱 無責任キッズ 暗黒太陽小町 無責任キッズ WHY?の嵐 無責任キッズ 燃えてキサラ 無責任キッズ 時先案内人 無責任キッズ 銀河嫁取物語 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 カトリくんタンマ 無責任カルテット 君の名はマチコ 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 我が名はヤマモト 無責任カルテット 天使・失格 無責任カルテット 邪教殱滅 無責任カルテット 決戦!薔薇色星雲 無責任カルテット 銀河賛唱 無責任三国志 謀略トライアングル 無責任三国志 冷たい三角関数 無責任三国志 炎のトリコロール 無責任三国志 奇跡のトリニティー 無責任三国志 三匹快進撃 無責任三国志 三羽烏登場! 無責任三国志 三つの王冠(クラウン) 無責任三国志 試練の三番勝負! 無責任三国志 サード・ビッグバン 無責任三国志 輝け!トライスター

Link