Quod Scripsi Mutatus


「アメリカン・ゴッズ 下」読了

「アメリカン・ゴッズ 下」読了。
たくさん神様が出てくるのだが、呼び名が英語読みだったり訛ってたりしてパッとはわからないようになっている。巻末にリストがあるので参照しながら読みたいとも思うのだが、あ、これはあの神様か、ということは......と、ネタバレ要素が出てしまうのが難しいところ。


Kindle版はこちら。


「アメリカン・ゴッズ 上」読了

「アメリカン・ゴッズ 上」読了。
ずっと気になっていた作品だが、一読して思い出したのはなぜか半村良。


Kindle版はこちら。


「にべ屋往来記」読了

「にべ屋往来記」読了。
時代・場所の設定が珍しい。この戦国時代の片隅に、といった風情でもちろんどこかで戦は起きているのだがそれはあくまで遠くの国の出来事として聞こえてくるばかり。また、ズルい人はいても、登場人物は基本的にみんないい人。優しい世界。


Kindle版はこちら。


「ダーティペアの大跳躍」読了

「ダーティペアの大跳躍」読了。
主人公コンビとそっくりな(名前も似ている)2人組と入り乱れての大活躍。これ、校閲大変だったろうなあ。


Kindle版はこちら。


「 ダーティペアの大帝国」読了

「 ダーティペアの大帝国」読了。
Wikipediaによると"『大征服』は丸ごとプロローグであり、次巻『大帝国』からが本篇となる形を変えた2巻構成。"というくらいつながりが深いのに、前巻を読んでから13年半のご無沙汰。話を追えるかな、との心配は全く無用。冒頭1章がちゃんと復習になっている。黒豹頭の戦士アーシュラもちゃんと出てきて(笑)大満足。


Kindle版はこちら。


「古代戦士ハニワット(8)」読了

「古代戦士ハニワット(8)」読了。
物語の向こうにぶっとい「歴史の流れ」みたいなのが見え隠れする。この戦いのシステムを構築するまでの苦労を描くスピンオフとか、見てみたい。


Kindle版はこちら。

「ネットワーク・エフェクト: マーダーボット・ダイアリー」読了。
『弊機』と、ARTこと宇宙船ペリヘリオン号の夫婦漫才を読んでいて「敵は海賊」シリーズを思い出した。いいぞもっとやれ。


Kindle版はこちら。


「播磨国妖綺譚」読了

「播磨国妖綺譚」読了。
なんか登場する人が(人ならぬ者も含めて)良い方ばかりで...。ハラハラしていてもどこか安心感がある作品。続きを読みたい。


Kindle版はこちら。

「おばちゃんたちのいるところ Where The Wild Ladies Are」読了。

受賞作。
どこが幻想文学なのかな?と思いながら読んでいると唐突に異世界にいることに気づく。短編集だなぁと思って読んでいると徐々に連作短編集としてのつながりが見えてくる。押し付けがましくなく連れ回してもらえるようで、読み心地が良い。


Kindle版はこちら。

「観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか」読了。
紹介されている知見が散発的というかつながりにかけるきらいはあった。が、判断を誤る要因として悪者にされがちな各種のバイアスを「メガネ(色メガネ、ではなく!)」ととらええていることが良いと感じた。物事に素早く焦点を合わせ、よりクリアにとらえるために発達した機能だ、と。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link