Quod Scripsi Mutatus


「銀河英雄伝説 6 飛翔篇」読了

「銀河英雄伝説 6 飛翔篇」読了。
前巻までのスケールとは打って変わって、個人プレー(?)が中心の冒険小説っぽい展開。いいねえ、こういうのもちゃんと混ぜてもらえるのは嬉しい。


Kindle版はこちら。


「銀河英雄伝説 5 風雲篇」読了

「銀河英雄伝説 5 風雲篇」読了。
物語内での歴史も一つ大きめの区切りが入り、正伝がここで折り返し。思えば初読時は「死亡フラグ」なんて表現、知らなかったなあ。


Kindle版はこちら。


「銀河英雄伝説 4 策謀篇」読了

「銀河英雄伝説 4 策謀篇」読了。
何年か前に、「あなたの四神はどこから?」というのが話題になったが、それで言うと明らかに「私のヘテロクロミアは銀河英雄伝説から」だった。


Kindle版はこちら。


「銀河英雄伝説 3 雌伏篇」読了

「銀河英雄伝説 3 雌伏篇」読了。
戦争シーンで両軍の配置がいまいち呑み込めず、ネット検索に頼るなどした。便利な世の中になったものだ。


Kindle版はこちら。

「秒で伝わるパワポ術 仕事でもSNSでも〈いいね〉がもらえるスライド作成のコツ」読了。
パワーポイントで重要なものを作る前に読み返して気構えを作るのに使いたい1冊。あと「書式のコピー→ペースト」のショートカットは一生モノ(やや大げさ)。


Kindle版はこちら。


「銀河英雄伝説 2 野望篇」読了

「銀河英雄伝説 2 野望篇」読了。
そうかあの人はこんなに早く退場だったな。改めて読んでみるとこの頃はまだ、もう少し短いシリーズを想定していたような筋運びではあるなあ。


Kindle版はこちら。


「銀河英雄伝説 1 黎明篇」読了

「銀河英雄伝説 1 黎明篇」読了。
再読。といっても前回読んだのはいつだったろう。インターネットが普及して映像化作品もなんとなく視野に入って「ああこの人は後でああなってしまう人だよなあ」がなんとなく頭に入っているのがずいぶん助けになる。


Kindle版はこちら。

「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(21)」読了。
たくさんの人に支えられていることに患者が気づくシーン。同じくたくさんの人に支えられて生きている娘に重ね合わせてみる。いろいろな見方があるが、娘は幸せ者だ。


Kindle版はこちら。

「ヒトコブラクダ層ぜっと(下)」読了。
息もつかせぬ、とは正にこのこと(とはいえ、後半すこーし種明かしに手間取ったかな)。
個性的な能力を持つ兄弟の活躍、というとどうしても中国系のお話になりがちだが(?)、日本人がイラクで活躍するお話というのもまたいい。


Kindle版はこちら。

「ヒトコブラクダ層ぜっと(上)」読了。
雑誌掲載が2017年~ということもあり、コロナウイルスもオリンピック延期もない世界での物語となっている。そのことが結果として(作者も意図しなかったであろう)効果を産んでいる。まあ、そんなことはテンポよく進むこの物語に気持ちよく呑み込まれてしまえば気にもならないのだが。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link