2020年6月アーカイブ


「きたきた捕物帖」読了

「きたきた捕物帖」読了。
同じ作者の他の作品と「同じ江戸」を舞台にしているセルフカバー?シェアドワールド?的な作品。登場人物に関する謎が残っているのでシリーズ化されるかな。前日譚でセルフ二次創作もあるか。


そして、すっかりあきらめていた宮部みゆき作品の電子書籍化が始まっている模様!
三島屋変調百物語

「100文字SF (ハヤカワ文庫JA) 」読了。
100文字になるまでそぎ落とし煮詰めたSF短篇200篇をかたっぱしから。世が世なら王侯貴族にだって許されない贅沢。


Kindle版はこちら。

「月の光 現代中国SFアンソロジー」読了。
ただでさえSF短篇は大好物で、しかも最近とみに翻訳が増えている中国SFとあれば読まない理由はない。ケン・リュウによる序文にもあるようにやや玉石混淆という感じはあるが、巻末のエッセイもあわせ、中国SFの現状が概観できる。私自身はあまりジャンル定義の議論に興味はないのだが、ある種のタイムスリップものがひとつの(サブ)ジャンルをなしていたり(日本でいう「異世界転生もの」に近い感覚か)、かの国でもそういう人はそういう服を着ている、とか、非常に面白かった。
引き続き中国SFに注目する。


Kindle版はこちら。


「有害超獣 極秘報告書」読了

「有害超獣 極秘報告書」読了。
こういう「否応なしに生活に組み込まれる異常な事象」という設定、好き。でも、画集は電子書籍には向いてないかな。本当は電子書籍向けの編集/割付のありかたがもっと模索されてしかるべきなんだけど。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link