2018年11月アーカイブ

「夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)」読了。
淡々と描写される主人公たちの日常。それに時々さす原爆の影が暗く、重い。


Kindle版はこちら。

「魔術師ペンリック (創元推理文庫)」読了。
ひさびさのビジョルド作品は五神教シリーズの中編集。
「ひょんなことから高い能力を身につけてしまった若者が仲間たちと大活躍、時々神様も出てきてもう大変!」と書くとどこのラノベかという感じだが、違う。何が違うかというと、うーん…。そう、ストーリーがある。すごくある。


Kindle版はこちら。

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (3) ―セカンド・スクワッド・ジャム (下)― (電撃文庫)」読了。
これで第2エピソードが終わり。いくらでも続けることができる道具立てにもかかわらず、次回以降への物語上のひっぱりは弱いように感じた。意図的なものだろうか。

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)― (電撃文庫)」読了。
本当に文字通りの「手当たり次第」で読み始めたのだが、なぜよりによって本編を読んでもいないシリーズのスピンオフ作品なのか。面白いからいいけど。

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム― (電撃文庫)」読了。
インフルエンザで寝込んだ。家族から隔離された部屋で息子の蔵書に手を出す。


Kindle版はこちら。

「進撃の巨人(26) (講談社コミックス)」読了。
途中、劇中の時間が数年巻き戻って大いに混乱した。あれ、この人ついさっき…


Kindle版はこちら。


「ハロー・ワールド」読了

「【Amazon.co.jp限定】ハロー・ワールド(特典: オリジナルショートストーリー データ配信)」読了。
SFかと思いきや、さにあらず。
登場するテクノロジーは、目新しくはあっても実在する/しうるものばかり。起こる事件も、近い未来のいつかではなく、今日ニュースサイトの片隅に第一報が載っていてもおかしくないようなもの。

これを読んでSFっぽいわくわくを感じてしまった私は修行が足りない。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Books

未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。 未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。 未来放浪ガルディーン(3) 大豪快。 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 星系出雲の兵站-遠征- 1 星系出雲の兵站-遠征- 2 星系出雲の兵站-遠征- 3 星系出雲の兵站-遠征- 4 アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA) 星系出雲の兵站-遠征- 5 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 三体Ⅱ 黒暗森林(下) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任艦長タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 明治一代無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ ワングの逆襲 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 銀河無責任時代 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任元帥タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ アザリン16歳 宇宙一の無責任男シリーズ タイラー大逆転 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 大宇宙(おおぞら)のサムライ 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任大統領タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 風速四十光年 宇宙一の無責任男シリーズ 永遠なれ無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 緋き獅子 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 厳冬惑星ホロシリの叛乱 無責任キッズ 暗黒太陽小町 無責任キッズ WHY?の嵐 無責任キッズ 燃えてキサラ 無責任キッズ 時先案内人 無責任キッズ 銀河嫁取物語 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 カトリくんタンマ 無責任カルテット 君の名はマチコ 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 我が名はヤマモト 無責任カルテット 天使・失格 無責任カルテット 邪教殱滅 無責任カルテット 決戦!薔薇色星雲 無責任カルテット 銀河賛唱 無責任三国志 謀略トライアングル 無責任三国志 冷たい三角関数 無責任三国志 炎のトリコロール 無責任三国志 奇跡のトリニティー 無責任三国志 三匹快進撃 無責任三国志 三羽烏登場! 無責任三国志 三つの王冠(クラウン) 無責任三国志 試練の三番勝負! 無責任三国志 サード・ビッグバン 無責任三国志 輝け!トライスター 雲南省スー族におけるVR技術の使用例

Link