2010年12月アーカイブ


「ゼロ年代SF傑作選」読了

「ゼロ年代SF傑作選」読了。
今年の読書はこれで打ち止め。今年はあまり冊数は読めなかったが、この本を含めSFの短編集に収穫が多かった。来年も面白い本をたくさん読めますように。目標100冊!

「超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)」読了。
楽屋落ちもここまで徹底すれば立派だ。


「ホルモー六景」読了

「ホルモー六景」読了。
「鴨川ホルモー」の番外編にあたる短編集。本編の世界観をはみ出すような展開もあり、次作以降もあるのではと期待される。
いや、ないか。

「第四次元の小説―幻想数学短編集」読了。
数学モノのSFを集めた短編集。予想ほどマニアックではなかった。

「のだめカンタービレ(25) <完>」読了。
ついに完結。オペラ編はアンコール曲のような位置づけかな。


「プリンセス・トヨトミ」読了

「プリンセス・トヨトミ」読了。
荒唐無稽と言えばものすごく荒唐無稽なのだが、なぜか胸を打つ。胸を打つのだが荒唐無稽だなあ。

「キス・キス (異色作家短編集)」読了。
なんと未読だった。感動的だ。
ロアルド・ダールというと「チョコレート工場の秘密」「お化け桃の冒険」が有名で、児童文学作家と思っている方も多いようだが、この手の毒の効いた短編小説の名手でもある。特にこの短編集にも多くみられるような、「価値のあるものが人知れず台無しになる」系がすばらしい。読んでいて身もだえするほどである。

「ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)」読了。
SFの短編、特に時間SFの短編を読むのは(書くのも多分)難しい。それは知らないスポーツの実況中継を見るのに似ている。最初の数ページで約束事を理解できなければその作品を十分に楽しめないからだ。そういう意味での難易度は様々ながら、どれもすばらしい作品ぞろい。まさに時間を忘れて没頭できる。

アーカイブ

Books

未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。 未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。 未来放浪ガルディーン(3) 大豪快。 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 星系出雲の兵站-遠征- 1 星系出雲の兵站-遠征- 2 星系出雲の兵站-遠征- 3 星系出雲の兵站-遠征- 4 アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA) 星系出雲の兵站-遠征- 5 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 三体Ⅱ 黒暗森林(下) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) アフターデジタル2 UXと自由 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任艦長タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 明治一代無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ ワングの逆襲 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 銀河無責任時代 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任元帥タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ アザリン16歳 宇宙一の無責任男シリーズ タイラー大逆転 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 大宇宙(おおぞら)のサムライ 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任大統領タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 風速四十光年 宇宙一の無責任男シリーズ 永遠なれ無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 緋き獅子 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 厳冬惑星ホロシリの叛乱 無責任キッズ 暗黒太陽小町 無責任キッズ WHY?の嵐 無責任キッズ 燃えてキサラ 無責任キッズ 時先案内人 無責任キッズ 銀河嫁取物語 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 カトリくんタンマ 無責任カルテット 君の名はマチコ 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 我が名はヤマモト 無責任カルテット 天使・失格 無責任カルテット 邪教殱滅 無責任カルテット 決戦!薔薇色星雲 無責任カルテット 銀河賛唱 無責任三国志 謀略トライアングル 無責任三国志 冷たい三角関数 無責任三国志 炎のトリコロール 無責任三国志 奇跡のトリニティー 無責任三国志 三匹快進撃 無責任三国志 三羽烏登場! 無責任三国志 三つの王冠(クラウン) 無責任三国志 試練の三番勝負! 無責任三国志 サード・ビッグバン 無責任三国志 輝け!トライスター

Link