2007年10月アーカイブ


「闘鬼 (グイン・サーガ 116)」読了

「闘鬼 (グイン・サーガ 116)」読了。
飾り立てた絢爛豪華な文体、といえば聞こえはいいが、だんだん文章のくどさが鼻についてくる。こういう文体、退廃的な舞台を表現するには向いているのだろうか。


「そばかすのフィギュア」読了

「そばかすのフィギュア 」読了。
絵画や舞踊といった美しいモノを題材に選びながら、この作者は物語をありきたりのハッピーエンドで飾ることに満足しない。すれた読者にはそれが好もしい。


「D-魔道衆」読了

「D-魔道衆」読了。
朝日ソノラマがなくなり、どうなることかと心配していたが、朝日文庫ソノラマレーベルなる文庫に移籍しての登場。
このシリーズ、このところ物語が収束せずに2分冊3分冊とずるずる続く傾向があったのだが、今回はかろうじてまとまった、という感じ。収拾がつかなくなる寸前の危うさがまたいい。

「チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術」読了。
最近流行のライフハック系図書の1冊。仕事を円滑に、効率よく進めるためのコツ・工夫を、この本では特にチームでの仕事(文字通りのチームワーク)にスポットを当てて紹介している。その種明かし、どうしてうまくいくかは社会心理学の用語で説明されている。以前、あるセミナーで、IT技術者はもっと社会心理学を勉強すべきという趣旨の話を聞いたことがある。たしかにその方面の知識は足りないし、それによって説明がつく現象は身近に多いように思う。
実際のチームワークにこれらのハックを適用して100%うまくいくとは正直なところ思えないが、試してみても損はなさそうだし、楽しそうである。


「さらば愛しき大久保町」読了

「さらば愛しき大久保町」読了。
くだらないくだらないといいながら結局3部作すべて読んでしまった。


「マイ・フェア・レディーズ」読了

「マイ・フェア・レディーズ」読了。
手に入らない状態が長く続いていたのが、改訂・復刊されたらしい。ご都合主義といえばこれほどのご都合主義もない内容。それが、いい。
この作者の他の作品もどんどん復刊してほしいものである。

アーカイブ

Books

未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。 未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。 未来放浪ガルディーン(3) 大豪快。 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 星系出雲の兵站-遠征- 1 星系出雲の兵站-遠征- 2 星系出雲の兵站-遠征- 3 星系出雲の兵站-遠征- 4 アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA) 星系出雲の兵站-遠征- 5 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 三体Ⅱ 黒暗森林(下) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任艦長タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 明治一代無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ ワングの逆襲 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 銀河無責任時代 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任元帥タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ アザリン16歳 宇宙一の無責任男シリーズ タイラー大逆転 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 大宇宙(おおぞら)のサムライ 宇宙一の無責任男シリーズ 無責任大統領タイラー 宇宙一の無責任男シリーズ 風速四十光年 宇宙一の無責任男シリーズ 永遠なれ無責任男 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 緋き獅子 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 厳冬惑星ホロシリの叛乱 無責任キッズ 暗黒太陽小町 無責任キッズ WHY?の嵐 無責任キッズ 燃えてキサラ 無責任キッズ 時先案内人 無責任キッズ 銀河嫁取物語 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 カトリくんタンマ 無責任カルテット 君の名はマチコ 宇宙一の無責任男シリーズ外伝 我が名はヤマモト 無責任カルテット 天使・失格 無責任カルテット 邪教殱滅 無責任カルテット 決戦!薔薇色星雲 無責任カルテット 銀河賛唱 無責任三国志 謀略トライアングル 無責任三国志 冷たい三角関数 無責任三国志 炎のトリコロール 無責任三国志 奇跡のトリニティー 無責任三国志 三匹快進撃 無責任三国志 三羽烏登場! 無責任三国志 三つの王冠(クラウン) 無責任三国志 試練の三番勝負! 無責任三国志 サード・ビッグバン 無責任三国志 輝け!トライスター 雲南省スー族におけるVR技術の使用例

Link