2020年5月アーカイブ

「エンジニアの心を整える技術: 誰でも実践できる心のリファクタリング術」読了。
心を整えることって、意外に・意外なほど理詰めで、自分の心っていうブラックボックスをブラックボックスなりに運用していくことなのだと思う。
2も出ているようなので、Kindleで読めるようになったら読もうかな。

「昨日がなければ明日もない」読了。
また宮部みゆきの本を捨てなければならない。読まずに我慢するわけにもいかず、待っても電子書籍化される見込みはなく、ハードカバーで積んだあげくに読み終わったら捨てる。読み返す確率は低いし、また買えばいいし、図書館にだってある。だけどここ数年捨てる本といえば宮部みゆきの本ばっかりで、何とかならんもんかなと思っている。
で、この本。杉村三郎シリーズの5作目。前々作「ペテロの葬列」で主人公が生活の大きな転機を迎えたので、ここでシリーズ終わるのかなと思ったら続いていて、いろいろいきさつもあるのかもしれないけれど、こういうところをうまくやってもらえるのはとてもうれしい(三島屋変調百物語シリーズも意外な形でシリーズが存続したのでとてもうれしかった)。折に触れて出てくるブルジョア層の生活にかかわる諸々も、なぜか頻度はあまり変わらない(うがった読み方かもしれないが、東野圭吾「超税金対策殺人事件」のような事情があるのではないか)。また、車の車種名やソーシャルメディアサービス名など商標の扱い、若者言葉やネットスラングの扱い方も興味深い。

アーカイブ

Link