2019年8月アーカイブ

「アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー (ハヤカワ文庫JA)」読了。
「百合SF」というサブジャンルで編んだアンソロジーということで、ついていけるか心配だったけど思ったよりずっとずっと平気だった。小川一水の書き下ろしが特によかった。飲み屋のテーブル席で主人公たちがわちゃわちゃしているのを、自分はカウンターで飲みながら背中で聴いていたい感じとでもいおうか。


Kindle版はこちら。

「没イチ パートナーを亡くしてからの生き方」読了。
配偶者を亡くし単身となった人を「没イチ」と呼んでその生き方を論じる、という内容。著者自身も没イチ、とのこと。この手の話題を論じるとき、当事者でないと許されないような空気があるのが気になる(本書でもそういった記述が少しあった)。自身の体験からの気づきがあったり周囲に同様の境遇の人がいたり、といった「有利さ」はもちろんあるのだろうが…。
健常者が障害者福祉を、シスヘテがLGBTを、男性がフェミニズムを、語っても「話題性に欠ける」のだろうか。


Kindle版はこちら。

「ナイトフライヤー (ハヤカワ文庫SF)」読了。
ジョージ・R・R・マーティンというと、今や #ゲームオブスローンズ の原作者として有名なんだけど、私にとってはやっぱりSF作家。この中篇集もとても良かった。70年代っぽい絵が浮かんでくる表題作もさることながら『この歌を、ライアに』がやるせなくてとてもいい。調べたら著者が最初に(!)ヒューゴー賞をとった作品だった。むべなるかな。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Books

角のロワイヤル 定吉七番シリーズ 太閤殿下の定吉七番 定吉七番シリーズ 未来放浪ガルディーン(1) 大熱血。 未来放浪ガルディーン(2) 大暴力。 未来放浪ガルディーン外伝(1) 大出世。 未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。 未来放浪ガルディーン(3) 大豪快。 定吉七は丁稚の番号 定吉七番シリーズ ロッポンギから愛をこめて 定吉七番シリーズ ゴールドういろう 定吉七番シリーズ 定吉七番の復活 (講談社文庫) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA) 星系出雲の兵站 2 (ハヤカワ文庫JA) 星系出雲の兵站 3 (ハヤカワ文庫JA) 星系出雲の兵站 4 (ハヤカワ文庫JA) 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 三体Ⅱ 黒暗森林(下) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) アフターデジタル2 UXと自由 ザッソウ 結果を出すチームの習慣 定吉七番シリーズ 全6冊合本版

Link