2005年10月アーカイブ


「魔羅節」読了

「魔羅節」読了。
それにしてもすごいタイトルだ。


「でか足国探検記」読了

「でか足国探検記」読了。
「あやしい探検隊」シリーズがこれで何冊目なのか定かではないが、1冊目が一番エネルギッシュだったなあ。


「銀河のさすらいびと」読了

「銀河のさすらいびと」読了。
キース・ローマーの作品は何十年も前に(!)読んだ「インベーダー」シリーズ以来。この「銀河のさすらいびと」も想像どおりの由緒正しきスペースオペラ。

スペースオペラが好きで何が悪い。


「東日流妖異変」読了

「東日流妖異変」読了。
設定にまだ少しがちゃがちゃした感じは残るが、1巻より数段、整理された感じ。とりあえず1巻をスルーした自分の感覚が裏付けられて嬉しい。


「龍の黙示録」読了

「龍の黙示録」読了。
誤ってシリーズ第2巻5巻を購入してしまったため、慌てて1巻を買ってきた。
読んでみて改めて、この巻に食指が動かなかった理由がわかる。道具立てがありきたりの域を出ないし、設定上の工夫も整理しきれていない感じ。いわゆる伝奇小説の読者層を意識するとあまりはみ出たことはできないのかもしれない。
という訳で続巻に期待。


「文庫版鉄鼠の檻」読了

「文庫版 鉄鼠の檻」読了。
意地を張って合冊版を読んだが、おかげで左手が筋肉質になってしまった(やや嘘)。
姑獲鳥の夏」未読の方は先に読んでおくことを強くお勧めする。


「文庫版狂骨の夢」読了

「文庫版 狂骨の夢」読了。
話が際限なく複雑化していくので、その不快感を解消したくて読み進んでしまう。
解決を始めてからがまた長くて。


「魍魎の匣―文庫版」読了

「魍魎の匣―文庫版」読了。
手を出すのに躊躇してしまうくらいの分量なのに、なぜか読みやすい。料理で言えば巧みに隠し包丁を入れてあるような感じ。

アーカイブ

Link