「魍魎の匣―文庫版」読了

「魍魎の匣―文庫版」読了。
手を出すのに躊躇してしまうくらいの分量なのに、なぜか読みやすい。料理で言えば巧みに隠し包丁を入れてあるような感じ。

アーカイブ

Link