2014年11月アーカイブ

「アイネクライネナハトムジーク」読了。
登場人物たちの人生が緩やかに絡み合いながら物語を作っていく、作者お得意の手法。ラブコメ版「フィッシュ・ストーリー」といった趣き。


Kindle版はこちら。


「身近な統計 (放送大学教材)」読了

「身近な統計 (放送大学教材)」読了。
記述統計から時系列分析あたりまで(多変量解析は含まれていない)、基本的な内容がコンパクトにまとまって読みやすい。ローレンツ曲線とジニ係数の取り上げられ方は若干唐突な印象だが、気になっていたことのいくつかが「使える」かたちで紹介されていてありがたい。

「銀の匙 Silver Spoon 12 (少年サンデーコミックス)」読了。
なんかしばらく見ない間にみんなたくましくなっちゃって。


Kindle版はこちら。


「首折り男のための協奏曲」読了

「首折り男のための協奏曲」読了。
作者お得意の、凝った構成の連作短編集…と思ったら、あとがきに「一つにまとめることは念頭になかった」とあってびっくり。個々の短編もそれぞれに凝っていて、中でも「月曜日から逃げろ」は最後の最後に文字通りひっくり返される快感を味わわせてくれる。


Kindle版はこちら。


「死神の浮力」読了

「死神の浮力」読了。
そうは言っても最終的にはすっきりするだろうという安心感がある。一定の確率で最終的に悪役が完全勝利する作品も書いてみてほしいものだ。売れないだろうけど。


Kindle版はこちら。

「ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)」読了。
本編の20年後を舞台にした書き下ろし「負の方程式」が思いの外よかった。強烈な経験をした人の言葉は、(自身の能力とは必ずしも相関しない)重みを持つものだと感じる。

「ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)」読了。
引き続き重苦しい話だが、登場する子供たちが生き生きと頑張っているので嬉しくなってきてしまう。だが、実際に中学3年生と暮らしている立場から言わせてもらうと、中学生って(少なくとも男子中学生は)もっとおバカな生き物だと思う。

アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link