2004年5月アーカイブ


RelaseDateの更新

| トラックバック(0)

ReleaseDateの取得が、オンラインでしかうまくいっていなかった(夜間処理にかけるとDBに取り込んだReleaseDateがブランクで上書きされてしまう)件に対応。


Jumbled News 追加

| トラックバック(0)

MagpieRSSを導入した記念にJumbled NEWSなるものを作ってみた。無造作に作ってもちゃんと動くのはうれしいが、無駄な負荷を各サイトにかけていないか、など心配な点は残る。


ReleaseDateの取得

| トラックバック(1)

Amazonから取得した商品情報はDBに放り込んでいるが、今回、ReleaseDateも取得・保存するように変更。新刊のチェックなどに利用できるのではないかと考えている。

新刊で思い出した。小川一水の新刊がAmazonで予約可になっている。
著者のホームページで脱稿の情報が掲載されてから数日、このタイミングで予約を受け付けるのは、Amazonと早川、どちらの英断によるものなのか…


復活の地 1 (ハヤカワ文庫 JA)

(ASIN: 415030761X) / 小川 一水

/ 早川書房 / 一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。


桂君が日経朝刊に!

| トラックバック(1)

高校の同級生である桂利治君が、5/30の日経朝刊一面にちょこっと載っていた。“プロフェッショナル”という感じでかっこいいなー。

「イギリス人に学べ!英語のジョーク」読了。
一般に、ジョークを翻訳したり、ましてや解説したりするのは無粋なこととされている。この本では、英文のジョークとその対訳を示し、翻訳不能な語呂合わせはあっさりと解説を加えて処理している。無粋と批判することは簡単だが、こういう形で新しいジョークに出会えるのだとすれば、それもまたよしとすべきであろう。


カテゴリー別RSS生成に関する不具合(What's Newカテゴリーのrdfに他のカテゴリーの情報が混ざる)は解消できなかった。そこで、@smate.NETさんのカテゴリ別 RSS 作成を参考にやり直してみた。#Blogさんのやり方は、インデックスファイルとして.rdfを生成する方法だったが、こうすると、カテゴリーごとに「○○カテゴリーのRSS Indexファイル」を作ってやる必要がある。また、<$MTCategories category="○○" lastn="1"$>と指定してやっても、そのカテゴリーに、複数カテゴリーにまたがるエントリーがあると、別カテゴリーの情報がrdfファイルに紛れ込んでくることになる(Movablet Typeのバグなのだろうか?少なくとも能書きどおりの動きではないように思える)。このやり方は「複数カテゴリーをもつエントリーはない」かつ、「特定のカテゴリーについてのみRSSフィードを行いたい」場合に良い方法、と考えるべきだろう。
さて、@smate.NETさんのやりかたであるが、category archive templateを追加して、category archiveのヴァリエーションとしてrdfファイルを生成する、というもの。
> Template の中身は、先程コピーした RSS 1.0 Index と同じでよいので、ペーストして、保存(SAVE)します。
とあるが、これだとせっかくカテゴリー別につくったrdfファイルがすべて同じtitleやdescriptionを持つことになるため、channel/title,link,descriptionのあたりで以下の様に工夫している。
修正前

<title><$MTBlogName encode_xml="1"$></title>
<link><$MTBlogURL$></link>
<description><$MTBlogDescription encode_xml="1"$></description>

修正後
<title><$MTBlogName encode_xml="1"$> : <$MTArchiveCategory encode_xml="1"$></title>
<link><$MTBlogArchiveURL$>cat_<$MTArchiveCategory dirify="1">.php</link>
<description><$MTCategoryDescription encode_xml="1"$></description>

なお、linkを<$MTArchiveLink$>にしていないのは何故かというと(やってみていただくとわかるが)<$MTArchiveLink$>だと、category archiveのURLではなく、生成されるカテゴリー別rdfファイルのURLが出力されるためである。

今回、Movable Typeのテンプレートタグについては、「BloggerとMovable Typeではじめる ウェブログ入門」が大変役に立った。Movable Typeの導入時の参考に買った本が、こんなタイミングで役に立つとは思わなかった。<つまり初心者の域を脱していないな。