「オン・ユア・トウズ」を観てきた

チケットを譲ってもらったので、妻とふたりでミュージカル「オン・ユア・トウズ」を観てきた。期待していた以上に面白かった。パロディーをやるにしても、基本が出来ている人がやると一種の凄みが出る好例といって良いだろう。

主演・振付のアダム・クーパーは、もともとクラシックバレエの人(の癖にタップは踏むは歌はうたうは…)。昨年「白鳥の湖」で来日してとても評判になったらしい。また、映画「リトル・ダンサー」で主人公の成長した(!?)姿を演じたのもアダム・クーパーらしい。

アーカイブ

Link