TV通販のような胡散臭さ(「ザ・ゴール2」読了)

「ザ・ゴール2」読了。
今回はTOCのもう一本の柱である「思考プロセス」をテーマにしている。
問題点を図に落とすことで思考を容易にする、とくくってしまえば、特別目新しい手法ではないように思える。逆に言えばだからこそ「この手法は使えそうだ」という感触もあるのだが、いかんせん、この本を読むだけでは、まるでTVショッピングを見せられているようで、胡散臭いことこのうえない。

この本を読むときには、ぜひメモと鉛筆のご用意を。いや、電話番号を書き取るためではなく、実際に自分で手を動かしてみることをお勧めします。

その他の「ザ・ゴール」シリーズ。

アーカイブ

Link