「大人になる時 (竹書房文庫)」読了

「大人になる時 (竹書房文庫)」読了。
草上仁の短編集だが、一昨日見た悪夢、くらいからだんだん現実との乖離度が大きくなってくる(コレクションとしての)構成がとても良い。
「何を収めるか」「どう並べるか」という工夫は、もっと注目されていいと思うが、それもこれも、工夫の余地をつくるだけの質・量が担保されていることが前提。そういう意味でも素晴らしいこと。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link