Reading: 2019年9月アーカイブ

「ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 11 (MFコミックス ジーンシリーズ)」読了。
漫画内の時間が実時間に追い付いたらしい。むしろここまでネタが先行していたことに(そして連載が続いていたことに)驚く。


Kindle版はこちら。

「鹿の王 水底の橋」読了。
とともにも受賞した「」の続編。
ファンタジーの体裁を取りながら、死生観や医療のありかた、技術と政治などについて考えさせられる。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (12) (少コミフラワーコミックス)」読了。
いちいち細かいところに突っ込んでいくと身がもたないのでただ身を委ねるのが吉、かと。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (11) (少コミフラワーコミックス)」読了。
確かに、初代のヒロインに比べると手の汚れ具合が全く違う。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス)」読了。
この展開スピードで掲載は月二回刊の雑誌だったらしい。「○に○け」に爪の垢を煎じて飲ませたい。(いや、「君○届○」は、あのペースが良かったのだ)


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス)」読了。
少年漫画の悪役が入れ替わり立ち替わりなのには訳がある。(この作品のように)悪役が一人だと主人公に合わせた能力インフレに説明がつかないのだ。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス)」読了。
しかしこの人、人目をしのぶワケアリの娘を育てながら医学部を出て自身の研究をしつつ勤務医もやってるのか。すげえ。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス)」読了。
なるほど主人公の使い方が荒いと思ったらそう言うことか。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス)」読了。
ここでようやく折り返し。ここからさらに6冊、話は持つのか。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス)」読了。
こう話が大きくなってしまうとハッピーエンドではおさめづらそう。死ぬか、姿を消すか、何にしても元の社会では「暮らせな」さそう。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス)」読了。
作者サイドの極秘事項(笑)。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス)」読了。
そして倫理とかためらいとか、もうちょっとこうあるだろう全般に。


Kindle版はこちら。

「闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス)」読了。
心変わりの振れ幅がでかい。


Kindle版はこちら。

「昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx)」読了。
最後は意外なほどファンタジックな展開に。そして顔の描き方で気になっていたことがやはり伏線だったことも判明。
きちんと物語が進んでこの巻数で完結。とてもいい。


Kindle版はこちら。

「昭和元禄落語心中(9) (KCx)」読了。
この作品を大人買いしたきっかけはNHKのドラマ(2018年10月~12月)だったが、ドラマで時間をかけて描いていたエピソードが少ししか取り上げられずちょっとびっくり(逆はよくあることだけれど…)。


Kindle版はこちら。

「昭和元禄落語心中(8) (KCx)」読了。
題材は面白おかしい話芸。なのに人間の業みたいなものがぎょっとするくらい表れてくる。それが実にいい。


Kindle版はこちら。

「昭和元禄落語心中(7) (KCx)」読了。
物語がきちんと年単位で進んでいくのが心地よい。


Kindle版はこちら。

「昭和元禄落語心中(6) (KCx)」読了。
そうか、借金棒引きの「棒」は取り消し線のことなのか!(これぞ小並感)


Kindle版はこちら。

「昭和元禄落語心中(5) (KCx)」読了。ちょっと間が空いてしまったが(何せ全巻大人買いしてるので)再開。思いの外すっと物語世界に戻れて嬉しい。


Kindle版はこちら。

「5分間SF (ハヤカワ文庫JA)」読了。20年ぶり?の短編集。豪華なコース料理のような長編も良いが、小さくて一口で食べられるけれど緻密に計算されたお菓子のようなSF短編は素晴らしい贅沢。ああ、 #これを腹いっぱい食べたい。


Kindle版はこちら。

「進撃の巨人(29) (講談社コミックス)」読了。
前巻を読んでからあまり間が空いていなかったせいか、すこーしストーリーがわかるような気がした。やっぱり溜めておいてまとめて読んだ方がいいのかな。


Kindle版はこちら。


「三体」読了

| トラックバック(0)

「三体」読了。大きなスケールの中国SF。
このところ少しずつ中国発のSFに触れる機会が増えてきたが、どれも翻訳がしっかりしていて読みやすいのが本当にありがたい。
内容に触れておくと主人公を追い詰める事象の「シカケ」がけっこう大味。翻訳のハードSFっぽい文体なのに急に西遊記が始まったような感じ。それもまた本書の魅力かと。


Kindle版はこちら。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) フラジャイル(16) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART1 (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART3 (ハヤカワ文庫JA) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) 古代戦士ハニワット(3) (アクションコミックス) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221203469