「鹿の王 水底の橋」読了

| コメント(0) | トラックバック(0)

「鹿の王 水底の橋」読了。
とともにも受賞した「」の続編。
ファンタジーの体裁を取りながら、死生観や医療のありかた、技術と政治などについて考えさせられる。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link