Amazon Web Services: 2004年1月アーカイブ

読書記録用のスクリプトを修正。複数のASINコードを渡したときに一つのハコに表示されるようにした。ASINの渡し方だけで、束ねるのも


バラすのも思いのまま。


ところが、問題が一つ。表示が重い。1冊本を表示するごとにAmazonにデータをとりに言っているのだから、当たり前といえば当たり前。やはり、再構築の際に取り込んだ内容を各エントリーに書き込む形にしないと、読書記録のカテゴリーアーカイブなんか、返って来やしない。


読書記録のphp化

| トラックバック(2)

ウェブログのPHP化に伴い、読書記録用の関数を作成。
Amazonから持ってきたアイテムを渡すとしかるべきhtmlコードを出力するblogIt()と、asinコードでアイテムを持ってくるblogIt()(ソースは非公開。基本的なことしかしてないし、ハズカシイので)。2つに分けたのは後で他のサーチ方法を追加するため。
この関数を記述しているphpファイルとスタイルシートをいじるだけで、本(DVDなんかも)の紹介の書式を一括して変えられるのは便利。だと自分では思っている。


SOAP利用のAWS検索

| トラックバック(0)

AWSページSOAPを利用したAWS検索を追加。
XSLTを使った従来の検索ページに機能的に劣っている点を追加し、完全移行を目指す。


アーカイブ

Books