Misc: 2003年12月アーカイブ


ほぼ日の年末総決算

| トラックバック(0)

今年オトナ語の謎で話題になった(のはウチの会社だけかな?)ほぼ日刊イトイ新聞が年末モードに突入。
普段はまとめ読みできないつくりになっているコーナーの「総集編」が掲載されている。
今日の女房・総集編
今日のダンナ・総集編
今日のセンセイ・総集編
今日の上役・総集編


試験電波"発射"中?

| トラックバック(0)

こんな夜遅く(というか朝早く)にテレビをつけていることはほとんどないのだが、「試験電波"発射"中」って……
さすがフジテレビ


味覚つきの夢

| トラックバック(0)

「色のついた夢を見る人は…」という俗説があるようだが、昨夜見た夢はなんと味覚・においつき。しかもその味が「饐えた牛肉」。ことしも残すところあと3日。なんとか年内にもう少しマシな夢を見ておかないと来年の夢見も思いやられる、というもの。


TVゲーム少しならOK?

| トラックバック(0)

TVゲーム少しならOK? 大阪市、成績との関連調査
より。
大阪市教育委員会によると、1日にテレビゲームをする時間が1時間までの場合は成績上位の児童・生徒が多く、逆に1時間を超えると下位の児童・生徒が多いらしい。教育委員会のコメントは「家庭でめりはりの効いた過ごし方ができると学力も上がるのでは」。
TVゲームを1時間で切り上げるくらい{意志力 or 親の強制力}があれば成績が良くなる、というだけじゃないのかねぇ。


IAEAからのリンク

| トラックバック(0)

このサイトのログ(xrea提供のサーバーログ)を見ていたら、リンク元URLにhttp://www.iaea.org/という表示があった。IAEA(国際原子力機関)の、しかもトップページからリンクされるような、そんなたいそうなサイトではないはずなんだが…。


大英博物館の至宝展

| トラックバック(1)

会社を休んで大英博物館の至宝展を見てきた。
2時間待ち。入場直前にどこかのおじさんが突然倒れて入場待ちの行列は一時騒然となった。「この中にどなたかお医者さまはいらっしゃいませんか」ドラマ以外でこのせりふを聞けただけでも2時間待ちの甲斐はあったというもの。
もちろん展示内容も興味深いものばかり。ちょっと贅沢かと思って借りた音声ガイドもこういうときには重宝。

話題の海洋堂製ミニチュアルイス島のチェス駒も買っちゃいました。


「ソラリス」を観た

| トラックバック(0)

「ソラリス」を観た。
昔、原作を読んだが退屈で挫折した記憶がある。今回の映画も筋らしい筋もなく、「え、え、え、終わっちゃうの?」というのが正直な感想。そろそろもう一度原作に挑戦してもいいかな。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 10 (MFコミックス ジーンシリーズ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 昭和元禄落語心中(5) (KCx) 昭和元禄落語心中(6) (KCx) 昭和元禄落語心中(7) (KCx) 昭和元禄落語心中(8) (KCx) 昭和元禄落語心中(9) (KCx) 昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx) 進撃の巨人(29) (講談社コミックス) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (少コミフラワーコミックス) 没イチ パートナーを亡くしてからの生き方 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) ナイトフライヤー (ハヤカワ文庫SF) アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー (ハヤカワ文庫JA) 三体 クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

216578448