「グラスホッパー (角川文庫)」読了

「グラスホッパー (角川文庫)」読了。
ちっともリアルな物語ではないはずなのに、登場人物たちの感じるストレスをいつの間にか共有させられている、そんな作品。構成はこの作者としては素直で、視点の変化に素直についていけば「運んで行って」もらえる。スカッとさわやか、ではないが読後感は不思議と悪くない。

アーカイブ

Link