「天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)」読了

| コメント(0) | トラックバック(0)

「天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
巻末の年表・登場人物一覧が実に役立つ。こういう時代を行き来するタイプの大長編は、後で時代順に読み返したくなる。

アーカイブ

Link