Reading: 2011年1月アーカイブ

「ぼくの、マシン ゼロ年代日本SFベスト集成<S> (創元SF文庫)」読了。
収録されている16編のうち、既読4編。今後の作者買い対象候補2名も見つかったことなので後悔はまったくしていない。

「ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)」読了。
ラスト間際、ヒロインが意外に力持ちでびっくりした。


「ICO-霧の城-(上)」読了

「ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)」読了。
ブレイブストーリーのときも感じたのだが、作者が思い描いている光景を全て伝えようとしすぎて描写がくどくなっているような気がする。ストーリーは、まあRPG的な感じ…とおもっていたらゲームのノヴェライズだったようだ。

「どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)」読了。
去年読んだ「卒業」とおなじ加賀恭一郎シリーズ。感想も同じで「犯罪者(あるいは犯罪的行動をとる人)がちょっと多すぎないか、という印象。」

「スティーヴ・フィーヴァー ポストヒューマンSF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)」読了。
このテーマ、何というか考えさせられる作品が多かった。「人間とは何か」という定義が揺らぐことによる影響が大きいからだろうか。

「ワイオミング生まれの宇宙飛行士 宇宙開発SF傑作選」読了。
これもSFマガジン創刊50周年記念アンソロジー。「宇宙SF」ではなくあえて「宇宙開発SF」を集めた作品集。表題作が泣けます。たぶん映画化は無理ですが。

アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link