Reading: 2015年12月アーカイブ

「叛逆航路 (創元SF文庫)」読了。
世界の名だたるした作品。
設定を一読しただけでワクワクしてくる、実にSFらしいSF。またその設定ゆえに、世にも珍しい「一人称かつ神の視点」とでもいうべき珍しい文体で記述される。ネタバレになるので詳述は避けるが、この文体が本作前半だけのものになってしまうのは本当に惜しい。


Kindle版はこちら。

「「少し先の未来」を予測する クックパッドのデータ分析力」読了。
求めていたものとはちょっと違ったけれど「自社内で自らのアイディアを売り込む」ときのアプローチの教科書としてとても参考になりそう。

「進撃の巨人(18) (講談社コミックス)」読了。
プロの漫画家をつかまえていうことではないのは百も承知だけど、なんか絵がうまくなってるような気がする。


Kindle版はこちら。

「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」読了。
精神医療をテーマとする、作者の初長編。なんとも言えない切迫感がある。作者は“うつ病からの脱出に成功した人たちをレポートするドキュメンタリーコミック”「うつヌケ」に登場しているようだ。単行本が出たらそちらも読んでみよう。


Kindle版はこちら。

「日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書」読了。
良書。初心者にもお勧めだが、日々の業務に追われて分析の段取りが雑になりがちな中級者にこそ手に取ってほしい。

「ユートロニカのこちら側 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」読了。
受賞作。
輝きに満ちて平和で、しかし住んでいるのは「哲学的ゾンビ」だらけというディストピアを描いた連作。SFとしては結構ありきたりなテーマなのに、こんなにも示唆に富んでいると感じてしまうのは、この怖さが身近なものに思えるからなのだろう。恐ろしい「あるあるネタ」だ。


Kindle版はこちら。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221201112