Reading: 2011年3月アーカイブ

「私が彼を殺した (講談社文庫)」読了。
今回は途中で複数の犯行宣言(読者に向けての)が、という趣向。うーん、難しい。

「獣の奏者 外伝 刹那」読了。
作者によるあとがきにいわく、「『獣の奏者』は児童文学ではありません。(中略)内容にも表現にもなんの手加減も加えませんでした」。確かに手加減はなかった。小学生の息子に読み聞かせていて、ちょっと困りました。本人は普通に読み進めていましたが。

「酔って記憶をなくします (新潮文庫)」読了。
mixiの同名のコミュニティーに寄せられた投稿をまとめたもの。
いやあ、さすが皆様ツワモノ揃い。私も学生時代に乗り越し系は随分やったけど、ここまでのはさすがにねえ。あ、でも待てよ。あのときのあれは今にして思えば相当ひどかった。うわー恥ずかしい(身もだえ)……という本です。酔って記憶をなくしたことのある全ての方にお勧め。


「悪意 (講談社文庫)」読了。
前半4分の1あたりで犯人が逮捕されたときにはどうなることかと思いました。
異様に執念深く周到な犯人(そしてその意図を完全に読み解く刑事)、という設定に無理があるようにも感じました。しかし、ウルトラマンやハリーポッターを受け入れておいて加賀恭一郎はダメというのもおかしな話です。フィクションはフィクションと割り切って、随所で「そんな奴ぁいねーよ」とツッコミを入れるのがいいのでしょう。多分。



アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221201572