「悪意 (講談社文庫)」読了

「悪意 (講談社文庫)」読了。
前半4分の1あたりで犯人が逮捕されたときにはどうなることかと思いました。
異様に執念深く周到な犯人(そしてその意図を完全に読み解く刑事)、という設定に無理があるようにも感じました。しかし、ウルトラマンやハリーポッターを受け入れておいて加賀恭一郎はダメというのもおかしな話です。フィクションはフィクションと割り切って、随所で「そんな奴ぁいねーよ」とツッコミを入れるのがいいのでしょう。多分。


アーカイブ

Books

Link