Reading: 2011年2月アーカイブ

「成功するポイントサービス」読了。
想定していたのとはちょっと違う内容(取り扱っているポイントサービスは金銭的価値を持つことがほぼ前提)だったが、客層によって求める価値は違い、サービスごとに客層は異なることなど基本的なことは確認できたように思う。

「眠りの森 (講談社文庫)」読了。
何度も書いているけど、犯罪者(あるいは犯罪的行動をとる人)がちょっと多すぎないか。今回は偽証・犯人隠避系だけど。

「NOVA 3---書き下ろし日本SFコレクション」読了。
小川一水「ろーどそうるず」がすばらしかった。こういうのを書かせると抜群にうまい。


「ハーモニー」読了

| トラックバック(0)

「ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)」読了。
これで伊藤計劃の作品は読みつくしてしまったことになる。良い作品は続々と出版され、新しい作者も次々に登場しているが、それでもこの作者が若くしてなくなってしまったことは本当に残念。


「逃げゆく物語の話 ゼロ年代日本SFベスト集成<F> (創元SF文庫)」読了。
巻末解説によると、日本SFにとっての1990年代は“冬の時代”で、特に1998年はどん底だったらしい。私はそんなことに気づきもせず大学生活を楽しみ、就職して1998年には結婚までしていたわけで、不作だ冬だといっても、所詮は専門的に本を読む人の悩みでしかないのだと改めて思う。
そして21世紀にはいり、この数年は読んでも読んでも面白いSFが尽きない状態になっている。幸せなことだ。

「魚舟・獣舟 (光文社文庫)」読了。
このあいだ読んだ「ぼくの、マシン ゼロ年代日本SFベスト集成<S>」で見つけた作者のもの。表題作と設定を共有した連作を期待していたのだが、良い意味での予想外だった。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

219897012