Reading: 2009年2月アーカイブ


「神様ゲーム」読了

| トラックバック(0)

「神様ゲーム」読了。
新聞の書評で、体裁は子ども向けなのに内容は…、という趣旨のことが書いてあったので読んでみた。
たしかにおっしゃるとおりでございました。後口の悪いこと悪いこと。しかし、こういう終わり方、嫌いではない。

「輝くもの天より墜ち」読了。
第4位、と国内でも評価の高い本。クライマックスに向けてさまざまな伏線を張るのはいいがもう少し整理の余地はあったのではと感じる。しかし、一気に読ませて甘いだけではない読後感を残すのはさすが。

「ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉」読了。
著者あとがきに“まさにこれからが本当の意味での「三国志のはじまり」だと思いますから”との記述。やれ嬉しや。

「輝く断片 (奇想コレクション)」読了。
奇想コレクション読破キャンペーン第3弾。シオドア・スタージョンはあくまでSF作家だと思っていたのだが、驚くほど作風の幅が広い。

「不思議のひと触れ (奇想コレクション)」読了。
先日読んだ「TAP」と同じ河出書房の「奇想コレクション」。作家の選択・分量とも好み。しばらくこのシリーズを読むことが増えそう。

「死者の短剣 惑わし」読了。
ビジョルドの新作・新シリーズ。この本も楽しく読めたが、ヴォルコシガンものか五神教シリーズの新作をより強く待ち望んでしまうのは私だけの罪ではあるまい。

「TAP (奇想コレクション)」読了。
正常な世界に、ちょっとした「もしも」を導入して外挿を試みる、まさにSFらしいSF。奇想天外な(そして時として不快な)結論に至ったとしても演繹が緻密なのでその過程に不自然さは感じられない。あまりに自然なので演繹の前提に「もしも」が導入されていたことは読み終わった後に思い出す(そして少なからずほっとする)。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 昭和元禄落語心中(5) (KCx) 昭和元禄落語心中(6) (KCx) 昭和元禄落語心中(7) (KCx) 昭和元禄落語心中(8) (KCx) 昭和元禄落語心中(9) (KCx) 昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx) 進撃の巨人(28) (講談社コミックス) フラジャイル(14) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (少コミフラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) 古代戦士ハニワット(1) (アクションコミックス) 古代戦士ハニワット(2) (アクションコミックス) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

211433857