「TAP (奇想コレクション)」読了

| トラックバック(1)

「TAP (奇想コレクション)」読了。
正常な世界に、ちょっとした「もしも」を導入して外挿を試みる、まさにSFらしいSF。奇想天外な(そして時として不快な)結論に至ったとしても演繹が緻密なのでその過程に不自然さは感じられない。あまりに自然なので演繹の前提に「もしも」が導入されていたことは読み終わった後に思い出す(そして少なからずほっとする)。

アーカイブ

Link