Reading: 2007年9月アーカイブ

「こんな話を聞いた」読了。
ちょっと意外なオチのつく短篇を楽しめる。
作者の術中にはまるもよし、オチを予想して楽しむもまたよし。ただし、時たま盛り上げるだけ盛り上げてオチはない、という肩透かしもあるので注意。そう、それもまた作者の熟練の技なのだ。
多分。

「新装版 ブラック・ジョーク大全」読了。
この本、「旧装版」を読んだことがあり(いくつだよ>自分)、新装版も期待して読んだ。
新装版向けに大分手を入れたようだが、当時感じた毒気はすっかり抜けた感じがある。社会が変わったということもあるのだろうが、それ以上にジョークの受け手である私自身が、多少の毒にはびくともしないような耐性を獲得してしまったのが大きい。
決して悪い本ではないのだが、寂しい限りである。

「水神の祭り (グイン・サーガ 115)」読了。
ウィーン会議みたいになってきた。

「鏡の国の戦士 (ハヤカワ文庫 JA ク 2-22 グイン・サーガ外伝 21)」読了。
久々の(本当に久々の!)「グインを主人公とする」「ヒロイックサーガ」だった。特殊な状況に置かれた主人公の活躍を描いているのだが、惜しむらくはその状況に至るまでの説明が薄く、テレビアニメの予告篇を見ているような気分にさせられる。物語全体の中でも重要性の高そうなエピソードを扱っており、この先どうなるのかというヒキも(外伝の癖に)充分なだけに、惜しい。


アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 魔術師ペンリック (創元推理文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

194284062