Reading: 2007年3月アーカイブ


「ひとりっ子」読了

| トラックバック(0)

「ひとりっ子」読了。
表題作、主人公が量子論の多世界解釈を前提としたプロセッサ上で稼働する人工知能であることを除けば、ごく普通のホームドラマ。素晴らしい。

「ぐるなび―「No.1サイト」への道」読了。
仕事のしかたや社風が、驚くほど古臭い。しかしこれがあのサイトのパワーなのだ。そう思うといろいろな事が腑に落ちる。

「沈黙のフライバイ」読了。
SFに限らず、フィクションを書くときのネタとなる「もし……だったら」という仮定。この作者の作品はどれも、ネタの数は少ない。世の中にはSF的なネタをこれでもかと詰め込んだ絢爛豪華な物語があふれている(私はそういうのも大好きなのだが)。この本に載っている作品がそれらに負けずどれもすばらしいのは「……だったら、こうなる」という展開がしっかりしているからだろう。その展開・ディテールの書き込みに自信があるからこそ、ネタはあえて抑え気味にしているのではないかと思える。抑えようとしても抑えきれないのか、表題作のラスト数行で作者自慢のネタがちらりちらりと見え隠れする。ストイックになりきれないところも、また良い。

「高飛びレイク 【全】」読了。
本当に、本当に久しぶりの火浦功作品。実質数ページの書き下ろしのためであっても買う価値のある一冊。

「闘王―グイン・サーガ 112」読了。
うーむ、このエピソードまだ続くのか。面白いし作者も楽しそうなのだが、そろそろ物語を大きく進めて欲しいものだ。

「吸血鬼ハンター 18 D-狂戦士イリヤ」読了。
このシリーズひさびさの新作。とても面白かったし、一時期のように物語が収束しないという現象も見られなかったが、この巻がシリーズのこの位置に入ることの必然性は感じられなかった。ちと残念。

「陰陽師 太極ノ巻」読了。
あとがきにいわく「困ったことにというか、嬉しいことにというか、この風景、ぼくはいくらでも書けるのである。(中略)どうやら、一生書いちゃうことになりそうです。」
大歓迎。

「マルドゥック・ヴェロシティ 3」読了。
スターウォーズのエピソード3みたいな、予定調和を予想しあきらめていたら…!
こういう救いのない終わり方、実は結構好きです。

「マルドゥック・ヴェロシティ 2」読了。
バラエティに富んだ超能力者集団が敵に立ち向かう、というパターンは、「ノーマン」「サイボーグ009」あたりを彷彿とさせるものがある。いや、敵方も同数の超能力者集団を擁するとなると、山田風太郎か……?


アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 魔術師ペンリック (創元推理文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

194850298