Reading: 2003年12月アーカイブ

「導きの星〈2〉争いの地平」読了。
いろいろ読まなければいけない本だのテキストだのあるのだが。つい。

「導きの星〈1〉目覚めの大地」読了。
「アース・ガード―ローカル惑星防衛記」、「グレイ・チェンバー」と、軽いものが続いたが、久々に小川一水の骨太な感じの作品を楽しんだ。

「グレイ・チェンバー」読了。
作者からのPOSTSCRIPTにある通り、この本のテーマは「クラス一丸、難敵撃破」。大変わかりやすい。わかりにくいのはクラスメートの個性。この作者の場合、登場人物が多くなったら人ではなく役割で覚える必要がある。

「アース・ガード―ローカル惑星防衛記」読了。
主人公が実は、という最後のネタ、必要だったんだろうか。

「シカクいアタマをマルくする。 国語編〈2〉」読了。
慣れや得意不得意もあるのだろうが、算数編に比べるとかなり簡単。国語の方は「別解がないように」という工夫をする必要があるためか。

「シカクいアタマをマルくする。 算数編〈2〉」読了。
大人のたしなみとしては、途中経過や計算をメモせずに「目の子」で挑戦したい。
どの程度「力技」でいくべきかの加減が難しく、また楽しい。

「樋口広太郎 わが経営と人生―私の履歴書」読了。
樋口広太朗といえば、アサヒビールの(元)名物経営者だが、作者の住友銀行時代の話(この本では後半に追いやられている)の方が面白いように思う。

「あなたの人生の物語」読了。
最小限の「What If」から異なる文化が導き出されていく感覚はまさにSFの醍醐味。文句なし、今年のベスト。


アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 動乱星系 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) 夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス) 東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第7巻 ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

199439346