「息吹」読了

「息吹」読了。
当代最高の短篇SF作家にして寡作、という訳者のあとがきに違和感。短篇しか書いてなかったっけ?そんなに少なかったっけ?→短くてもどっしりと重い読後感とアンソロジーと短篇集で読んでいてかつ作者名を鮮明に憶えずにいられないほど面白いからだと推測。
当代最高、には全く異論なし。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link