「シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF)」読了

「シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF)」読了。
架空の物理学をわかろうとするよりも、そのぶっ飛び具合を受け入れて素直にぶっ飛ばされるのが吉。それでこそ、あの人物がここで登場!的ないわゆる胸アツ展開も素直に楽しめる、というもの。これはイーガン版「太陽系七つの秘宝」なのだ。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link