Reading: 2019年6月アーカイブ

「意思決定の行動経済学 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」読了。
カーネマンの著作を職場で見かけて、これを衝動買い。仕事で“意思決定”をすることもある身としては冷や汗の出るような箇所もあったり。

「巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫)」読了。
骨太なSFの短篇集。トロッコのジレンマに対する斬新で根本的(!?)な解決を示す「付随的被害」が強烈。地球外生命体やAIなど人間以外のものの視点に立つ作品も、問いかけるテーマは普遍的なものだったりする。


Kindle版はこちら。

「フラジャイル(14) (アフタヌーンKC)」読了。
前巻の巻末で言及されていた「最凶の即席コンビが準備した次の反撃」、意外とあっさりだったけど。扱っている題材の地味さに対して展開はちゃんと熱くて、そのギャップがいいのかな、と思っている。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link