「火浦功研究 第1号」読了

「火浦功研究 第1号」読了。
そんなにも私は火浦功を待っていた。
出もしない新刊を求めて検索を繰り返し、ヒットした電子書籍を(普段は作家の研究書なんて絶対に手を出さないのに)即ポチってしまうほど。
というわけで、とても真面目な研究書。奥付を見るとこの本の著者はまだ年若い方らしい。恐怖の羅針盤男とかフャイアー!とかを雑誌で読んだおっさんから見るととても頼もしく、眩しい。

アーカイブ

Link