「情熱大陸への執拗な情熱」読了

「情熱大陸への執拗な情熱」読了。
感想は「そんなことに情熱を注ぐ人がいるなんて」に尽きる。全編にあふれかえる情熱。なんでそんなにあふれているのかという問に対しては第3話の最後、作者の夫人がつぶやく「なんて器の小ささなの…」が手掛かりになるかもしれない。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link