「探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)」読了

| コメント(0) | トラックバック(0)

「探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)」読了。
「鈴木先生」のドラマ化を手掛けた脚本家の古沢良太という人がいて、その人が脚本を書いた映画の原作ということで読もうと思った。ペンゴとかゼビウスとかアストロンベルト(!!)とか、懐かしき1980年代前半のゲーム達が登場してうれしい。そこらじゅうで指摘されていることだがゼビウスの自機は「ゾル・バウル」ではなく「ソル・バルウ」です。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link