2015年の読書を振り返る

私にとっての #2015年の本ベスト約10冊 は以下のとおり。
「光圀伝」
「オービタル・クラウド」
「王とサーカス」
「叛逆航路」
「フラジャイル(1~4)」
「悲嘆の門」
「美森まんじゃしろのサオリさん」
「田中雄一作品集 まちあわせ」
「有頂天家族 二代目の帰朝」
「機龍警察 火宅」
毎年100冊を目標にしているが今年は遠く及ばず90冊どまり(電子書籍比率82%)。
もう一つ目標としたデータ分析関連は(数え方にもよるのだが)19冊と目標を達成したし、本当に勉強になる本にも出会えたように思う。
データ分析分野2015年の本ベスト3冊 を選ぶとすれば、以下。
「基礎から学ぶ楽しい疫学」
「「みんなの意見」は案外正しい」
「日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書」

来年も引き続き全100冊、データ分析分野で10冊を目標に読んでいこう。
皆さま、良いお年を。

アーカイブ

Link