「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」読了

「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」読了。
受賞作。登場「人格」はもともと少ないのだが、彼ら/それらが分裂増殖をくりかえしていくのでなにがなにやら。でも楽しい。自分の分身との再会でありながら腹の中を読みあいながらのファーストコンタクトをやらなければならないというのはどんな気分なんだろう。そして「水は無限」ではなく「みずは無間」というタイトルの意味合いを考えるとちょっとだけぞくっとする。


Kindle版はこちら。

アーカイブ

Link