「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」読了

「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」読了。
人を率いること、理想を追うことの難しさをしみじみと感じさせる表題作が素晴らしい。このシリーズはジャンルとしては基本的にファンタジーで、表題作はどちらかといえばミステリー仕立で、ファンタジックなものは小道具一つしかない。それでいてここまで引き込まれるのはやはり(言い尽くされた感はあるが)舞台設定、人物描写の見事さによるものだろう。

アーカイブ

Link