「ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)」読了

「ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)」読了。
森見登美彦というと主人公はたいてい鬱屈した大学生と相場は決まっているものと思っていた(失礼)のだが、小学生を主人公に、こんなにサワヤカなものも書いていることに驚いた(失礼)。小学生が主人公と言ってもこの作品、子ども向きとは感じられない。子どもが読んでももちろん楽しめるのだろうけれど。

アーカイブ

Link