Reading: 2013年3月アーカイブ


「砂漠 (新潮文庫)」読了

「砂漠 (新潮文庫)」読了。
何の変哲も(少ししか)ない大学生活を描いているのだが、大学生の頃に読んでいたらずいぶん違った感想を持っただろうなこれ。

「データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ」読了。
なんかちょっと気恥ずかしいタイトルだが、これからしばらくはこのあたりに正面から取り組むことになりそう。
内容は、まあ、この手の本には良くある、自慢半分・肝心のところは難しいので書いてない、というパターン。


「魔王 (講談社文庫)」読了

「魔王 (講談社文庫)」読了。
不吉な予感がだんだん高まってきて、解消されないまま終わるのだが、その割には意外なほど読後感がいい。不思議。


「詩羽のいる街 (角川文庫)」読了

「詩羽のいる街 (角川文庫)」読了。
この作者としては珍しい、しかしこの作者ならではの、ファンタジックな物語。ファンタジック。ちょっと違うか。でも面白かった。


「死神の精度 (文春文庫)」読了

「死神の精度 (文春文庫)」読了。
金城武の主演で映画かもされている。小説を書きやすい設定と映像を作りやすい設定は違うものだなあ、とちょっとピントの外れたところで感心。

アーカイブ

Link