「チルドレン (講談社文庫)」読了

「チルドレン (講談社文庫)」読了。
日常生活に見え隠れする(いや、それほど日常でもないか)謎を対象とするミステリー、とでもいうのだろうか。事件が起きて、その謎を探偵役が解決するというよりは、そこに謎があるとはだれも思っていないようなところを解決してしまうような。「えー、そこを解くの?」と思いながらも謎が解けていくところがいい。

アーカイブ

Link