「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」読了

「華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)」読了。
国土が海に飲み込まれる「日本沈没」か、官僚を主人公とするSFということで「復活の地」の線か、はたまた遺伝子を改変して水に適応する人類を描く「両棲人間」「モロー博士の島」「アマゾンの半魚人」か、と思わせておいてまさかのP.K.ディック展開(本当にそいつは人間なのか)へ。盛り沢山で楽しめる。などでの高評価もむべなるかな。

アーカイブ

Link