「秘密 (文春文庫)」読了

「秘密 (文春文庫)」読了。
東野圭吾の文章は、決して美文ではないと思う。どちらかといえば飾らない、ぶっきらぼうといってもいいくらいの文章で伝えるべきことを過不足なく伝えようとしている。この作者の作品が映像化されることが多いのは、そのせいなのかもしれない。

アーカイブ

Link