「嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)」読了

| コメント(0) | トラックバック(0)

「嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)」読了。
加賀恭一郎シリーズの短編集。妻のいわく「最初に加賀が会いに行った人がほぼ犯人なのでつまらない」。この本はそういう楽しみ方ではなく、いわば名場面集的な読み方をするべきなのだと思う。

アーカイブ

Link