「バビロニア・ウェーブ」読了

| コメント(0) | トラックバック(0)

「バビロニア・ウェーブ」読了。
これほどの距離感をうそくさくならずに表現したSFは珍しいと思う。よい小説があるとすぐに映像化の話が持ち上がるご時世だが、これは活字読みだけのために存在している作品なのだ。
もし万一映像化されるようなら敬意を表してDVDの1枚も買うだろうが、その映像は原作と掛け離れたものになるか恐ろしくジミであるかのどちらかにしかなりえないだろう。それはそれで楽しみだ。

アーカイブ

Link