「源氏物語の時代―一条天皇と后たちのものがたり」読了

「源氏物語の時代―一条天皇と后たちのものがたり」読了。
2007年サントリー学芸賞受賞作。
題名から想像されるような堅苦しさは全くない。史料としてはあまり取り上げられない「栄花物語」なども使っていきいきと“源氏物語の時代”を再現しようという試み。この本の作者は、客観性を失わないように努めたと書いているが、どの史料・資料を取り上げるかという選択や、それらに対する解釈でどうしても主観が混ざってきてしまう。それが、いい。学術書というジャンルの幅を最大限まで使い切った、読み物として面白い作品になっていると思う。

アーカイブ

Link